万年筆 文房具

お酒は飲みません(サライ 付録万年筆)

更新日:

今日はクリスマなんとかなんとかですね。

最近寒いので、元テニスプロプレイヤーを連れてきてほしいです。

そういえば、友達(最近鬱気味)がTwitterで「日本はいつからキリスト教徒になったのか」とかいってました。どうでもいいですね。

今日紹介するのは、「サライ」という雑誌の付録についてきた万年筆です。

内心著作権を心配しながら載せています。

正直、ぶっちゃけお酒を飲まないので万年筆目当てで買いました、すみません。

こちらですね。

名前は上の雑誌にも書いてある通り「北斎ブルーの太軸万年筆」です。

これ、雑誌自体は980円+税くらいだったんですがとてもクオリティが高いと感じました。

重量もそれなりで寿司、何よりこの模様

なんかお花っぽい造形になっています。(語彙力)

ニブはこんな感じ。書いた感じMニブくらいと感じました。材質はもちろんスチールですね。

軸を外すとこんな感じ。カートリッジにはヨーロッパ系のカートリッジが入ります。

自分はあいにくヨーロッパ系のコンバーターとか持っていなかったので、付属してきた青いカートリッジを挿しています。

国産のと比べるとカートリッジの長さが短いのでインクの量もそれなりかな、と思います。

書いてみるとこんな感じ。(写真の縦横間違えました)

紙にもよると思いますが、結構スラスラしっかりと書けて個人的にすこです。

 

余談ですがいつも文の最後にくっさいこととかいってますがこれからは「おわり」でいいですかね。いいよね。そうします。

おわり

-万年筆, 文房具
-, ,

Copyright© Handyの文具ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.