シャーペン 文房具 木軸

例のアレがきました(MUKU工房・Bezel)

更新日:

もう年末ですね。皆様いかがお過ごしでしょうか。

今日は前言ってたやつが届いたんで紹介します。

「MUKU工房」という工房の「BEZEL」という無垢の木材でできたシャープペンシルです。

こちら値段は樹種にもよりますが3000円ほどで、自分の「アマレロ」という樹種は3500円でした。(他の樹種は黒檀、チューリップウッド、パープルハートなどです)

MUKU工房では他にもボールペンだったり、家具なども作っていてどれもめっちゃオシャンティです。

こちらのシャープペンシル、ノック式となっているのですがノックボタンが少し変わっており、

この四角いところを押すことでノックができます。

またダブルノック式です。(今更ながら、パイプスライド式とどっちかわかりません)

ペン先収納時

ペン先露出時

グリップを見てもらうとわかるのですがカクカクとしているのでしっかりと持つことができます。

次に、シャー芯の替え方なのですがこちらが少し変わっています。

まずここを引き抜きます。

するとここのノックボタンが抜けるようになるので、こちらもとります。

二つともとるとこんな感じ

で、この部分からシャープ芯を入れます。

あとはさっきの手順とは逆にパーツを入れ、補充完了です。

*このパーツは穴の空いている方から入れてください。

シャー芯の替え方こそめんどくさいですが、なんかメカメカしいので楽しいです。(パーツをなくせば地獄)

ちなみにクリップは可動式です。

結構開くので、なかなか厚い紙でも挟めそうですが、いかんせん木でできているので折れることがないわけでもなさそうです。

こちらの「BEZEL」、パーツが全て木でできているなどとてもデザイン等が素晴らしいシャープペンシルなのですが、ペン先を取り外すことができないので、芯が詰まった際の対処が難しいかもしれません。また、口金が少し短く太いため、あまり書いてるところが見えません。

まああくまで「工芸品」なので、実用性というよりかは鑑賞だったり。プレゼントに向いているのではないでしょうか。

前回からも紹介している「野原工芸」さんのペンとは、一味違った木の感覚があるので、二本を買ってみて比較してみるのも一つかもしれませんね。

↓MUKU工房さんのオンラインストア

 

http://muku-store.com/

おわり

 

-シャーペン, 文房具, 木軸
-, , , , , ,

Copyright© Handyの文具ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.