シャーペン 文房具

イケメンなやつ(ぺんてる・グラフ1000)

更新日:

今日はこれ。

(天候が悪かったので写真がびみょい)

「pentel」の「GRAPH(グラフ)1000」です。

某しゃちょーが紹介していないのが原因というわけではなくもなさそうですが、あんまり目立っていない印象がありますね。

こちら製図用のシャープペンとなっているのですが値段が1000円+税とそこそこ安くしかし値段の割に結構クオリティが高いです。

このペンは芯径がノック部分の色によって決まっており、

0,3は茶色、0,4は緑色、0,5は白色、0,7は水色、0,9は黄色と結構多様な芯径があります。

というわけで上のグラフ1000は0,4mmとなっているわけですがあまり聞きなれない芯径ですよね。

それもそのはず、0,4という芯径は(例外はあれど)ほとんどがぺんてるでしか生産されておらず、その現行品も4種類ほどしかなくあまり見かけないからだと思います。

じゃあ0,4というのはどんな感じなのかと言われると、なんとも形容しがたく、多くの人が言ってるように「0,3より太く0,5より細い」という感じです。

適度に細く、適度に太いというまあ日本語を書くには向いてる芯径かな、と思いますね。

今まで0,4の解説をしてきましたが、次はペン自体のスペックのお話。

まず特徴的なのがグリップ。

このようにゴムが少し浮き出たようなグリップとなっています。

筆者はあんまり細いフォルムのペンは好きじゃないのですが、グラフ1000に関してはこれのおかげで若干太く感じるのでかなり好きです。

次はノック部分ですが、硬度表記窓があるくらいです。(あと緑色)

あとはクリーナーピンがありますね。

次は口金とチャック。

今では結構見かける製図用シャープペンシルの典型的な口金の形状ですが、こちらの口金を導入したのはこのペンが日本初らしく、当時はどっちかというと先端にかけて細くなっていく口金が主流だったのですが、このペンの登場によって製図用のシャープペンシルは大きく変わっていったのかなと思います。

チャックは金属チャックです。自分もよくわかっていないのですが、この金属チャックとその他諸々のすごい構造(語彙力)によって芯の繰り出し量が一定になっているそうです。

ペンのスペックは以上です。

そういえば、最近では東急ハンズさんなどで限定色が発売されているそう。

まあいわゆるぺんてるの限定商ほ(

Amazon↓

ぺんてる シャープペン グラフ1000 フォープロ PG1005 0.5mm

終わり

 

-シャーペン, 文房具
-, , , , , , , , ,

Copyright© Handyの文具ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.