シャーペン 文房具

ペン工房キリタ KAFER

投稿日:

なんか暖かくなってきました。

基本的に冬は氷点下を下回る自分の地域も、最近は普通に1桁はいくようになりました。

暖かいのは良いんですけど、春は花粉が充満してk...

ぶえくしょん!!!!!!!!!!

今日紹介するのはこちら(鼻声)

こんな感じの箱から

ペン工房キリタさんから、KAFER(ケーファー)MP0.5mmです。

ペン工房キリタは、昭和22年に創業し以来東京の下町に工場を構え、金属製高級筆記具の製造等を行っています

今回の商品名ともなっているケーファーとはドイツ語で「昆虫」を指すようで、真鍮の甲羅をまとったボディをイメージしているそう。

上の通り全身真鍮製となっており、重量も約36gとかなり重め。。

しかし重さに反比例して、ボディは125mmと比較的短くなっており、あまり重心が偏らなくなっています。

一応、自分が持ってるペンシルの中で一番短いケリーと比較してみましたが、キャップをつけた状態のケリーとだいたい長さは一緒でした。

ではペン自体をみていきます。

まずは特徴的なクリップ。

十字を模した形となっており、細身のボディと良い感じにマッチしています。

ちなみに、オプションでストレートと呼ばれる一直線の形にすることもできます。

このクリップ、亜鉛ダイキャスト製となっており、普通のペンのクリップは板をプレスして作っているため薄くなっているんですが

この亜鉛ダイキャスト製は厚みを生み出すことができ、重量感をペンに与えることができます。

口金はこんな感じ。ほんとは口金をとってチャックを確認したかったのですが、固すぎてとれませんでした。

一応キリタさんのホームページではとれると書いてあったので、そのうち緩くなってくると信じます。

次はキャップ。

このMPはこのキャップを時計回りに回すことで芯を出すツイストノック式となっており、少々手間はかかるもののカチカチキャップを回すのもそれはそれで高級感を引き立ててくれます。

一応シャープペンシルのみ、ノック式に変更することができるので手っ取り早く芯を出したいはそっちがオススメです。

さらに天冠には様々なデザインを入れることができます。

例としては星座記号や家紋、スモーキークォーツ、さらにはオリジナルデザインを注文する際のオプションで送ったりすることで自分好みのデザインなどを入れることができます。

天冠を外すとこんな感じ。(めちゃくちゃ硬い)

本来は消しゴムがついているのですが、ちっちゃくて詰まるのが怖かったのと、消しゴムをつけた状態でノックするとキュッキュってなるのでとっています。

注意ですが、芯を二本以上入れると詰まるらしいので気をつけてください。

ちなみに入れるなら個人的に2Bがオススメです。

ペン自体のスペックはこんな感じです。

こちらのケーファーにはBPもあり、専用のアタッチメントをつけることでみんな大好きジェットストリーム(4C)の方を入れて使用することができます。

カラーバリエーションは

黒・赤・青・ゴールド・ホワイト・ブルー(青より淡く、薄い)・ピンクとかなり豊富なバリエーションとなっており、使い込むことで真鍮本来の艶がなくなっていき、最終的には渋い艶無しになるそう。

値段は通常ネットでは4000円+税、直販では3600円で購入することができます。

ペン工房キリタにはケーファーの他にもかっこいいボールペンやシャープペンがあるので、色々みてみてください。

 

ペン工房キリタさんのホームページ↓

http://www.kirita-pen.jp/

 

-シャーペン, 文房具
-, , , , , ,

Copyright© Handyの文具ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.