シャーペン 木軸

やはり僕は、王道をゆく、S20ですか

投稿日:

猫が好きなんですが、あいにく猫アレルギーがB+くらいありまして・・・

最近はアレルギーに加えて春の植物たちが襲いにくるのでまじ卍です。

そんな今日紹介するのは王道といっても過言でもないこやつ。

PILOT S20です。

木軸シャープペンといえばこれ!というくらいメジャーなこのペン。

なんで人気なのか。やはり木軸である点にあるかなあと個人的に思ってます。

木部には樹脂含浸ガバ材が使われています。樹脂含浸ガバ材とはなんぞやという話ですが、早い話文字通りカバ材(樺材)に樹脂を染み込ませたものです。S20の場合、はじめに薄くスライスした樺材を重ね、高圧で圧縮する段階でフェノール樹脂を染み込ませています。

そのため、使い込めば使い込むほど艶とかが出てくるわけですね。上のS20は右の方が約二年経過しているものですが、かなり艶が出ています。

もちろん、それ以外にも特徴ありますあります。

このS20、製図用シャープペンシルであるわけで、それを象徴するかのようなガイドパイプ。この他のS系と互換があるこの口金は手元がとても見やすいという利点があるという反面、落とすとほぼ確実に曲がるという欠点があります。その場合は300円ほどのS5とかを買ってきて口金をつける必要があるわけです。

チャックは金属チャック(そこ、ピントあってなさすぎ草超えて森とか言わない)

グリップの上部にあるリングにはS20のマーク。右のペンのマークが消えているのでわかると思いますが、刻印とかではないので使ってると普通に消えます。

ノック部には硬度表示窓。表示範囲は2H〜2Bまでです。

天冠には芯径が書いてあります。

スペックは以上。

このS20結構カラバリがあり、ダークブラウン・ディープレッド・ブラウン・マホガニー・ブラックの五色。ブラウン、マホガニー、ブラックは去年出た新色。また、ダークブラウンとディープレッドには0.3の芯径があり、好みによって変えられます。

値段は定価2000円なので、木軸買って見たいなあって人にはおすすめできます。

 

Amazonのリンク↓
パイロット シャープペンシル エストゥエンティ 0.5mm
 

-シャーペン, 木軸
-, , , , , ,

Copyright© Handyの文具ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.