万年筆 文房具

re:もう一回やるカステムヘリタゲ91

投稿日:

最近ジメジメしてきました。こっちでは気温が30度くらいいってました。

幸い今日はそこそこ涼しいので、ブログ書いてます。

で、今日紹介するのはこやつ

PILOT CUSTOM HERITAGE91です。

h?前にもやっとるやん記憶喪失か?

と思われる方は結構前から見てくれてるのかなあありがとうございます。

なんでまた紹介するかというと。これ、先々月で購入して1年経ったんですよね。で、せっかくなので今の観点で紹介したいなあと思い、今回に至ります。

で、この万年筆。同じ会社で「custom74」という万年筆があるのですが、その万年筆の方がなんというか有名で、あんま持っている方を見かけないんですよね。

このペンは自分が一番最初に買った金ペンな訳ですが、自分も最初74の方を買おうとしてたんです。そしたらお店でこいつを見つけまして。もうとにかくかっこいなと。即決でした。それからずっと使っています。筆箱に入れていませんが、家でブログ用のメモを書く際などに使っています。

ということでご紹介。

このカスタムヘリテイジ91、ニブは上のカスタム74とほぼ一緒です。ほぼということで何が違うのかというと

ニブが銀色です。じゃあ銀を使っているのかというとそうではなく、使っている14金のニブに「ロジウム仕上げ」と呼ばれる酸化などを防ぐ加工を行うことでニブを銀色にし、ボディとマッチする色合いに仕上げています。

またこのボディですが、ベスト型と呼ばれ、一般的なイメージの万年筆だとキャップの先も軸の後ろも丸みを帯びている感じですが、この万年筆はあえて平らにすることでスッキリした印象を持たせていると思います。

使っているインクは変わらずPILOT社「色彩雫」シリーズの紺碧。

ずっと思っていることなんですが、色彩雫の瓶は本当にかっこいいですよね。魔女とかが使ってそうです。

色はこんな感じ。とっても綺麗な青色です。色彩雫には他の青色もありますが、自分はこのはっきりとした鮮やかな色が一番好きです。

今回メソポタミア文明の他に永を書いて見ましたが、このニブの場合これくらいしなります。これ以上もいけない気もしませんがちょっと怖いのでやめます。

ちなみにHERITAGE(ヘリタゲで覚えよう)には遺産・先祖伝来のもの、みたいな意味があります。今までのパイロットの技術などが引き継がれているのかなと思います。

値段は10000円+税でカラーバリエーションは4種類。

まず自分のブラック・ヤマブドウ(紫っぽい赤)・ツキヨ(青)・ヤマグリ(茶)です。

上の方でかっこいいと言いましたが色によっては少し可憐な感じなものもあります。男女問わないデザインなので、プレゼントなんかにもいかかでしょうか。

 

-万年筆, 文房具
-, , , , ,

Copyright© Handyの文具ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.