シャーペン 文房具

例のアレ(orenznero)(12/15追記 要既読)

更新日:

ども、handyです。

(色彩)ああ^ いいっすね^(にわか)

本日紹介するのは、「pentel」の「orenznero(オレンズネロ)」です。

こちらはシャープペンシルとなっており、現在は0,3mmと0,2mmの二つの芯径が展開されています。

最近、某しゃちょーの影響なのかは知りませんが、圧倒的人気を誇るorenznero。どこの店でも品薄(というか入荷困難)になっており、amazonでも未だに原価割れしていないという品です。特に自分が持っている0,3mmは人気のため特に品薄となっており、さらに入手が難しいです。

自分は近所の個人営業店が入荷しており、そこの大変親しくさせてもらっている店員さんに運よくお取り置きしてもらうことができ、購入することができました。

こちらのシャープペンシルはダブルノック式となっており、一回ノックするとガイドパイプを出すことができ、筆記を行うことができます。

(ガイドパイプを出すとこんな感じ)

こちらのペンの最大の特徴は「自動芯出し機構」が搭載されている点で、これはガイドパイプが紙から離れるたびに芯を出すことができるという、要約すると「ノックしなくても勝手に芯が出てくる」という機構です。

これが搭載されているおかげで、一瞬一秒も無駄にすることなく筆記を行うことができます。

また、グリップも握るやすい形状となっており、全てにおいて、無駄が限りなくないです。

書き味は、やはり0,3ということもあってとても書きやすく、芯出し機構を使用した際ももちろんのこと、少し芯を出した状態(1mmぐらい)でも抜群に書きやすいです。しかし、0,3mmの芯は消費が早い上値段も高いのでそこは注意が必要です。

ペン自体の値段は3000円+税と少々お高いですが、普段シャープペンシル等での筆記を多く行うであろう学生さんはもちろん、シンプルでとてもカッコ良いデザインとなっているため社会人の方にも断然お勧めできます。

余談ですが、こちらの「orenznero」逆さから読んでも「orenznero」になるそうです。面白いですね。

Amazon↓
ぺんてる シャープペン オレンズネロ 0.3mm PP3003-A(11/8現在はまだ原価割れしていません)

追記(注意):こちらのorenznero、他会社のシャープ芯を使用してしまうと規格の違いにより故障が発生してしまう可能性があります。なので、pentel純正のAinの芯を使用するようにしましょう。(ちなみに、筆者が使っているのはHi-uniの0,3なので、近いうちにAinに換装する必要がありそうですね。今の所(使用二ヶ月)のうちは大丈夫そうですが・・・

-シャーペン, 文房具
-, , , , ,

Copyright© Handyの文具ブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.